Seven Days In Sunny June!Jamiroquai!The Highest Peak of 90’s Acid Jazz!ジャミロクワイをご紹介!’90年代アシッド・ジャズの最高峰!僕がリスペクトするミュージシャンご紹介シリーズ⑦ー6.(6thAlbum.DYNAMITE.)

みなさん、こんにちは!

今回はジャミロクワイ6枚目のアルバム”DYNAMITE.”「ダイナマイト」のレビューを書いていこうと思います。

サウンド的には前作の”A Funk Odyssey.”の流れで’70年代ブラックミュージックの系譜です。

しかし、デビュー時からの盟友であり片腕だったキーボードのToby Smith.トビー・スミスが脱退して、バンドメンバーはデビューアルバムからは一新されました。

名実ともにJason Kay.さんのソロ・プロデュース作品です。

またオリジナルアルバムとしては、メジャーデビュー時から所属のSony BMG.からのラストリリースとなります。

雰囲気としてはJason Kay.さんが前作以上に楽しんでいます。

こんな感じ。

スリリングな演奏・展開などはありませんが、個人的に好きな曲が必ず複数入っているので、これらのアルバムもフォローしています。

それでは、行ってみましょう!

6th Album.”DYNAMITE.”より。

正直ジャミのオリジナルの中では一番つまらないジャケットデザイン。

インナースリーブのこちらのデザインの方が断然いいのに。

ゴールドのバッファローマン・アイコンがかっこいい!

  1. Feels Just Like It Should.

このサムネのJay Kay.さん、カワイイ。

ファンクサウンドは健在ですが、加工したJason Kay.の声は大体不評みたい。

好評だった”Deeper Underground.”をシングル向けのポップスとして昇華した進化系というか完成系かな?

ストリートファイター系のゲームの2D映画化みたいなPVも面白い。

2. Dynamite.

思いっきり’70年代ディスコなファンクサウンド。

「ダイナマイト」というタイトル自体がまさに。

3. Seven Days In Sunny June.

このアルバムの中で一番好きな曲だし、ジャミのシングルの中でもかなり上位に入るくらい好きな曲です。

こう言ったリラックスした雰囲気の曲って、実はなかなかない。

PVの映像もとてもリラックスしていて楽しそう。

4. Electric Mistress.

チョッパーベースがかっこいいけど、ベーシストはニック・ハイフか新メンバーのポール・ターナーか?

5. Starchild.

初期の頃から打ち出しているスペーシーなイメージの曲。

ギターリフが超絶かっこいい。

6. Loveblind.

割とシングル向きのポップな曲だけど、なぜかシングルカットされてないみたい。

7. Talullah.

ソウルバラードだけど、ちょっとジャズ寄り。

メロディアスなバラードです。

ファンからの人気も高いみたいで、ファンが作ったスライドショーの動画がありました。

Talullah Best Cover Ever. Piano. Popuna Sharikadze,Vocal Natalia Nakopia.

Youtubeで見つけた全然知らないミュージシャンだけど、同曲をジャズ・ボーカル、ジャズ・ピアノでアレンジするとこうなるという面白いカバー。

特に女性ボーカルの声量がすごい。

8. (Don’t)Give Hate A Chance.

曲はいかにもジャミらしい、ソウル・ファンク曲。

PVが3Dアニメーションで構成され、本人の出演が一切ないという珍しいヴィデオ。

9. World That He Wants.

ほぼピアノ一本のバラード曲。バックに雰囲気的なストリングスがあるだけ。

今回のアルバム中に物悲しい曲が多いのは、アメリカを襲った「9・11」テロ事件が反映されているらしい。

10. Black Devil Car.

かっこいいロックナンバー。ディストーションギターがモロロックです。

え?ジャミがロック!?

11. Hot Tequila Brown.

ミディアムテンポで押しまくるディスコサウンド。

確かに’70年代あたりのストーンズがよくやってた感じの曲。

12. Time Won’t Wait.

Earth Wind & Fire.的な楽曲。

ストリングスの使い方や、ギターカッティング、途中に挟まれるコーラスなど。

Time Won’t Wait. Bass Cover Marta Altesa.

この動画を見ると(聴くと)ベースラインが独特だということがわかります。

まとめ。Summary.

いい意味でサウンドが安定してきました。

でも今のジャミのライブって、どんな感じなんだろう?

つい最近来日したみたいだけど。

あとバカンスに行く時はフェラーリじゃないのかな?

それではここまで読んでくださって、ありがとうございました!

またすぐ、お会いしましょう!

(Visited 3 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です