みなさん、こんにちは!

今回はMIYASHITA PARK体験記事第7弾です。

上はMIYASHITA PARK体験記事①〜⑥までのリンクです。

前回は宿泊2日目の朝食をレストランDongxi(ドンシー)で食べた時の食レポ中心の記事でした。

今回はDongxiでの朝食の後、午前中の様子と、チェックアウトの様子までをまとめてみようと思います。

それでは、行ってみましょう!

前回のブログの最後の写真。レストランDongxiで最後に飲んだ、アイスティーとヨーグルトの画像。

Dogxi HP

再びVALLEY PARK STANDを利用

ここで、一休.comの予約情報をもう一度。

チェックアウト時間は14:00です。チェックイン同様ゆったりめ。

もちろん予定があるならもっと早くにチェックアウトしてもOKですが、

僕は時間ギリギリまでゆっくりしようと思いました。

15F客室フロア。

客室フロア廊下からの窓の外の景色。

少し部屋でゆっくりしてから、

今度は4Fへ。

もう一度VALLEY PARK STANDへ。

再び、VALLEY PARK STAND

VALLEY PARK STANDのレジカウンターで、

sequenceオリジナルタンブラーとルームキーを提示すると、

コーヒー、紅茶(ホット、アイス両方)が何杯でも無料。

タンブラーにアイスティーを入れてもらいました。

タンブラーの飲み口を開けた状態。

Apple Watchも充電。

テーブルの上の受電コンセントはたくさんあるけど、iPhone充電用のアダプタを忘れてしまったので、モバイルバッテリーも出しました。

出発前なので色々充電し始めたら、こんなに複雑な配線になってしまった。

現在9:00 チェックアウトは14:00

この後しばらくいて、12:30ころ、部屋に荷物をまとめに行きました。

チェックアウト手続き

2020/08/18 13:20ころ。(VALLEY PARK STAND)

そろそろチェックアウトです。

帰りの特急列車内で食べる用のテイクアウト・ランチを購入。

チェックアウトの手続きも、端末から自分で行います。

現在、13:43

宿泊費用の支払いは、クレジットカードかQRコード決済のみ。現金払いやApple Payにもまだ対応していません。

クレカやQRコード決済以外は「フロント」まで。

ぼくは事前に「一休.com」のHP上から、オンラインカード決済で支払い済みです。

「カードキーをタッチしてください」の指示。

カードキーを、

画面の指示に従って、

端末の下にあるNFCに置きます。

名前と部屋番号を確認し、「次へ」をタップ。

「カードキーをお持ちのお客様はご返却ください」の指示。

端末の下のプラスティックのケースにカードキーを返却。

「手続きが完了しました」、「『チェックアウト完了ボタン』を押してください」

「チェックアウト完了」をタップすれば、チェックアウトです。

MIYASHITA PARK体験記⑦は、ここまでです。

次回はチェックアウト後にあった、ホテルとは無関係のちょっとしたトラブルの報告と、その後のまとめの予定です。

それではここまで読んでくださって、ありがとうございました!

またすぐ、お会いしましょう!

(Visited 41 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう