みなさん、こんにちは!

今回は渋谷の新しくなった、宮下公園体験記事第3弾です。

上は、過去のMIYASHITA PARK関連の2つの記事です。

前回は新しくなったMIYASHITA PARKの紹介まででした。

今回はsequenceホテルのロビーにあるカフェVALLEY PARK STANDの体験から、RAYARD内の簡単な紹介までをまとめてみようと思います。

それでは、行ってみましょう!

前回の記事の最後の画像。

MIYASHITA PARKの終点、sequence MIYASHITA PARKの入り口。

sequence MIYASHITA PARK Entrance,Lobby and Cafe VALLEY PARK STAND.(Directly Connected to MIYASHITA PARK)

ホテルsequence MIYASHITA PARKのエントランスは、MIYASHITA PARKと直結しているため、地上 4Fにあるという構造です。

明治通りからsequenceのエントランスに一番近いエスカレーター。

MIYASHITA PARKという施設自体が大きすぎるので、いくつものエレベーターやエスカレーターがあり、初めての利用なら、迷うと思います。

もう一度掲載するsequenceの窓は出入り禁止で、その左側、

こちらが入り口。(エントランスというか、ロビーというか、ラウンジというか?)

引いた距離から撮った写真。

sequence入り口にある、VALLEY PARK STAND 営業時間の立て看板。

sequence HP

VALLERY PARK STANDはMIYASHITA PARKからsequenceに入ってすぐにある、カフェ・ラウンジ。

sequenceというホテルのラウンジと、MIYASHITA PARK利用者も使えるカフェの両面を合わせ持っています。

VALLEY PARK STANDに入ってすぐ、目に入る、

作品名/「発酵発電所(zymotic electro plants)(2017)」
アーティスト/ハシグチリンタロウ sequence Instagramより。

sequence Instagram

こちらのオブジェは写真を撮ってなかったので、Instagramからお借りしました。

作品名/「Lovers」
アーティスト/田村琢朗 

VALLEY PARK STAND受け取りカウンター。

このVALLEY PARK STANDを横切って奥へ進むと、

もはやカフェ・ラウンジとホテル・ロビーの境界線はわかりません。

ロビーの待合い席のすぐ後ろは、大きな窓です。

さらに奥にあるsequenceのロビー。

この端末を使って、自分でチェックインします。

さらに奥にはフロント係もいますが、この人たちはホテル内の案内や、端末の操作の仕方を教えるだけで、基本的な手続きは自分ですることになります。

チェックイン前なので、大きな荷物だけ預かってもらいました。(写真は荷物の預かり番号)

現在12:30

sequenceのチェックインは 17:00~

チェックインまでに、VALLEY PARK STANDを利用してみようと思います。

VALLEY PARK STAND利用レビュー①

Screenshot
sequence HP

sequenceのVALLEY PARK STANDの案内にオリジナルタンブラーをひとつ購入すると、宿泊中何杯でも無料でコーヒーまたは紅茶をサービスとあります。

後で撮ったのですが、エレベーター内にもタンブラーの告知があります。

チェックインしてルームキーの提示が必要みたいです。

広く使えるテーブル席も、窓側席もすでに混んでいます。

sequence Instagram

窓際の席は、特殊なデザインです。

テーブルが小さく、スマホ、PC用電源がありません。

sequence Instagram

VALLEY PARK STANDもsequence同様、キャッシュレスです。

しかし、クレカ、デビットカードだけでなく、ここはApple Payなどのスマホ決済もできます。(MIYASHITA PARK利用者でここへきた人は、現金が使えないと知ると戸惑うと思う)

テーブル席の空いているところに座ってみました。

PC,スマホ用電源も豊富です。

PC画面のスクショ。

テーブル上にはsequenceのFree Wi-FiのSSIDとパスワードが置いてあります。

PC画面のスクショ。

sequenceのFree Wi-Fiに接続しようとしているので、先ほどのパスワードを入力すれば接続完了です。

iPhoneもsequencefreeに接続します。

接続完了です。

ちなみに最初にPCの画面に出てきた”PLAY! DIVERSITY SHIBUYA”とはなんなのか?

「渋谷区観光協会」という財団法人のHPでした。

RAYARD MIYASHITA PARK散策&体験①

現在 15:30

sequenceのロビーに結構いたけど、それでもチェックインまで後1時間半もあります。

そこで、RAYARD MIYASHITA PARKを見学に行ってきました。

MIYASHITA PARK HP スクショ

構造的には赤で囲った部分。 MIYASHITA PARKが4Fで、その下の1~3FがRAYARDという複合商業施設です。

RAYARD MIYASHITA PARK HP

基本的に1,2,3F全てが北(NORTH)と南(SOUTH)に分かれています。

Louis Vuitton

特に1FのNORTHはルイ・ヴィトン(日本では珍しいメンズ)、グッチ、プラダ、バレンシアガなどの世界的一流ブランドが並んでいます。

それに対して1FのSOUTHは「渋谷横丁」という、庶民的雰囲気満載の飲食店街。

渋谷横丁inRAYARD MIYASHITA PARK HP

渋谷横丁のHPもあります。

今回は1F部分は全然回れなかったのですが、今度もう一度改めて訪れてみたいと思います。

※昔からある「渋谷のんべい横丁」とは近いですが、別物です。

渋谷のんべい横丁。

Apple Mapスクショ

渋谷横丁と渋谷のんべい横丁の距離は、ほんの5mほど、歩いて1分くらいの距離です。

まずは3F SOUTHから。

「渋谷ワイナリー東京」

渋谷初のワイン醸造所であり、ワインバルです。

ワイン樽の上にはメニュー。

「GRAN SOL TOKYO」(グランソル トウキョウ)

ピンチョスメインのスペインバル。

メニューも豊富でテイクアウトもOKです。

ここでSOUTH3Fに渡ると、

「FOOD HALL」という6つのファストフード店が並ぶモールがあります。

RAYARD MIYASHITA PARK HP

中に入っているのは、

以上の6店舗。

「VALUME」(バルム)

FOOD HALL内の「バルム」は「コカ・コーラ」のいろんなミックスドリンクなどが楽しめる、ファストフード店です。

MIYASHITA PARK体験記③はここで、いったん終了です。

次回はRAYARD MIYASHITA PARK散策②と、

RAYARD内の天狼院カフェSHIBUYAの体験リポート、

そしてsequenceにチェックインまでの予定です。

それではここまで読んでくださって、ありがとうございました!

またすぐ、お会いしましょう!

(Visited 34 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう