Apple Online Storeへ電話して、注文と購入手続きを済ませたのですが、Online Storeには現在在庫がなく、

「(宅配での)お届けは、7月1~2日あたりになるでしょう」とのこと。

受付担当のスペシャリストさんの提案で、

「お近くのApple Storeに在庫があれば、店頭受け取りで(今日)明日にでも受け取れますよ」とのこと。

2週間も待てないので、「店頭受け取り」にしてもらいました。

今回は、久々にApple Storeに行ってきました。

店頭受け取りの手順

Screenshot

僕は関東地域在住なので、東京都内のApple Storeでの在庫を確認してもらいました。

都内のApple Store 5店舗

  • 銀座
  • 丸の内
  • 新宿
  • 渋谷
  • 表参道

この辺は記憶が曖昧なのですが、確か「Apple丸の内以外なら、在庫はある」とのことでした。そして、

  • Apple表参道は、行ったことがあります。
  • Apple銀座は、一番混んでいると言うスペシャリストさんのアドバイス。

残るは「新宿」か「渋谷」となりました。

「渋谷の方が場所がわかりにくい」、と言うスペシャリストさんに従って、

Apple新宿に決めました。

具体的な受け取り日時は、電話の時点では決める必要はないと言うことです。

Apple新宿からのメールが届いてから、「2週間以内」に受け取りに行けばOKということでした。(来店予約も必要なし)

そして、購入手続きが終わってからすぐにメールが届きました。

Apple Store(新宿)から「ご来店を心よりお待ちしています。」のメール。

このメールを、下にスクロールすると……

用意するものは「免許証などの写真付き身分証明書」、それと、

赤丸で囲ったQRコードをApple新宿の店員さんに見せれば、手続きしてくれます。

また、赤線を引いた「Apple Walletに追加」をタップすると、

僕のiPhone XのWalletアプリの下にApple Storeの表示が。

さらにこのタブをタップすると、

ここにも店頭受け取りのQRコードが。

店員さんとの受け渡しの際、メールを検索するよりも簡単にWalletアプリからQRコードを提示できます。

また受け取り日時は「本日」となっていますが、これは「仮の表示」なので、厳密な受け取り日時ではありません。(このメール到着から2週間以内が期限)

またiPhone上のApple Storeアプリにも反映。

Apple Storeアプリを開くと、

アプリのHPの上の、自分のアカウントアイコンをタップします。

「ご注文状況」画面。

今回注文の13インチMacBookProが、「受け取り待ち」と表示されています。

さらに、これをタップすると、

「注文の詳細」画面。

注文内容の詳細と、「受け取り完了」までの進捗バーが表示されます。

現在「受け取り待ち」状態。

(また受け取り期限は2020年7月2日と表示)

また先ほどの「ご注文状況」の画面に戻って、

画面下の「Siriに追加」をタップすると、

「ショートカットを編集」画面。

上の画面のような条件でSiriショートカットが保存され、いつでもSiriで「ご注文状況」を呼び出せます。

音声コマンドは「Hey Siri, 注文状況を確認する」で呼び出し。

「ショートカットを保存」をタップ。

至れり尽くせり。

2020/06/20 Apple新宿へ

翌日2020年6月20日、早速Apple新宿へ行ってきました。

Apple純正マップアプリに表示された、Apple新宿の所在地情報。

最寄駅は「都営地下鉄新宿線 新宿三丁目駅」のようです。

(最近Apple純正マップの精度が上がっていて、Google Mapは「ブログ貼り付け」、「コメント欄を読む」くらいの利用です)

iPhone経路検索アプリ「駅すぱあと」の画面。

※見やすいので僕は主に経路検索は「駅すぱあと」を利用しています。

JR「銚子駅」を9:03に出発して、12:10に「新宿駅」到着予定。

2020/06/20 午前9:03 JR「銚子駅」出発

駅すぱあとは、Apple Watchにも対応。

Apple Watch用「駅すぱあと」アプリをタップすると、

「イマココ」画面。

現在の駅名と、次の停車駅が表示。矢印は電車が走行中の駅区間を表示。

現在「松岸」〜「猿田」区間を走行中。

ディスプレイを左スワイプすると、「経路」画面。

「銚子」〜「千葉」間の出発時間と到着時間を確認。

さらに左スワイプすると、「タイマー」画面。

次の乗り継ぎまでの所要時間を表示。

千葉駅で乗り換え、1番線からJR総武線・中野行き出発まであと、1:51:43

※「駅すぱあと」に限らず経路検索アプリは基本、iPhoneで検索した結果をApple Watchに表示するだけで、Watch上から直接検索はできないようです。

千葉駅でトイレに寄ったので、予定の乗り継ぎ電車に間に合わず、もう一度「駅すぱあと」で経路再検索。

ついでに、最終到着駅を都営地下鉄「新宿三丁目」に変更。

「駅すぱあと」の表示通りに、千葉駅2番線ホームから、JR総武線三鷹行きに乗車。

この後の経路は省略します。

都営新宿線「新宿三丁目」駅下車。12:25ころ。

※到着時刻とのズレは、ホームから地上出口までの徒歩時間のロス。

夏日で暑いし疲れたので、「スターバックスコーヒー 新宿マルイ本館2階店」で一時休憩。

スタバの座席からの新宿の風景。

コロナの影響で、ほとんどの人がマスク着用。

スタバを出てから、「新宿通り」を道なりに進んで、

Apple新宿到着。

Apple新宿店内

「スタバ新宿マルイ店」から徒歩数分で、Apple新宿到着です。

店頭に立っているこのスタッフのお兄さんに聞くと、商品受け取りなら、並ばずに入れるそうです。

(現在、ソーシャルディスタンスのため、Apple Store全店で入場制限があるそうです)

店頭にはこの立て看板。

コロナへの配慮は十分になされています。

またマスク着用の注意と、医療スタッフによる、体温測定も。

感染予防のため、店内に入る前にこちらで手を消毒します。

一番右側のスタッフのお兄さんの案内で、店内へ。

先ほどの写真に写っていた木箱みたいな椅子に座って、「少々お待ちください」

そこから撮影した店内の様子。

iMacの奥の木製の棚に、商品の在庫がずらり。

目の前のテーブルも撮影させてもらいました。

テーブルから飛び出す充電コンセント。横のテーブルを手で撫でると、「くるっ」と充電コンセントが登場。

動画を撮っておけばよかった。

また店員さんに教わったのですが、Apple WatchのWalletアプリをタップすると、

ここでも「商品受け取り状況」が確認できて、

Apple Watch上でも、商品受け取り用のQRコードを表示できます。

MacBookPro 13Inch受け取り、店内セットアップ

10分ほど待った後、女性スタッフさんが、MacBookProを入れたApple Storeの紙袋を持ってきました。

大理石の床に直接置いて撮影。

店内でセットアップもしたいと言うと、スタッフさんが例の木箱みたいな椅子をもう一脚持ってきて、「この上でどうぞ」

テーブルは空いてるけど、ソーシャルディスタンスだそうです。

MacBookPro 13Inchの外箱です。

外箱の底面。

製品内容を確認。

  • 2.0Ghz クアッドコアIntel Core i5
  • 16GBメモリ
  • 512GB SSD
  • Thunderbolt 3 (USB-C)ポートX4

間違いありません。

最近のApple製品は、外箱を包むビニールを簡単に剥がせるように、上のようなシールがついています。

このシールを摘んで、ペリッと剥がします。

MacBookPro 13Inch(スペースグレイ)本体です。

前面のシールを上に引っ張って、本体を外箱から取り出します。

本体の下には電源アダプタ用のケーブルと、トリセツ。

“Designed by Apple in California”

トリセツはいつも通り。(これをちゃんと読む人なんていなんじゃないか?)

それとAppleステッカー。今回は「スペースグレイのリンゴ」

トリセツの下には、電源アダプタ。結構大きい。

この大きさが、MacBookProの消費電力が大きいことを表しています。

本体を包んでいる、プラスティックフィルムを剥がします。

こちらがシートを剥がした本体。

パカっと開くと、おそらく薄い「和紙」がディスプレイを保護しています。

そして開けたと同時に自動的に起動。

早くもディスプレイにリンゴマークが。

「和紙」を剥がすと、リンゴマークの下の進捗バーが早くも半分まで。

起動もどんどん「爆速」に。

ここからセットアップ(初期設定)の様子を

Screenshot

Apple新宿店内でセットアップ(初期設定)も済ませてきました。

まずは「言語」の選択から。当然「日本語」を選択します。

使用する国の選択。「日本」です。

キーボード入力環境を選択。

JISキーボードなので、キーボード配列は「日本語」、入力方法は「ローマ字」

この後のセットアップのため、Apple新宿のFree- wifiをお借りしました。

カーソルの先の”Apple Store”を選択。

※新宿だと、Free wifiの選択肢が結構あります。

その後の設定を、いくつか飛ばして……

「Apple IDでサインイン」の画面。

以前から使っているApple IDを入力。

たったこれだけで、ほとんどのデータ引き継ぎが完了。

セキュリティ強化のため、同じApple IDで紐づいたデバイスに6桁の確認コードが表示されます。

持っていたiPhone Xの画面。右下の「許可する」をタップすると、

「Apple ID確認コード」が表示されます。

このコードを先ほどのMacBookProの画面に入力。

iCloudのアカウント設定中。

「iPhoneのパスコードを入力」画面。

またいくつかのステップを飛ばして、先ほどのiPhone X独自に設定してあるパスコードを入力。

これで手持ちのiPhone Xとも連携。

Siriの設定は店内のBGMなどの音が邪魔なので、「今はしない」(あとで設定できます)

「ファイルと写真を全てiCloudに保存」

同じApple IDのiCloudと同期開始。

Touch IDの設定。最近のMacBookAirやProには標準搭載の便利機能。

Touch IDを登録しておけば、ネットショッピングなど、IDパスワードの入力が必要な場面も、Touch IDで簡単に。

実際のキーボード上のTouch ID。

Touch Barに、「指をTouch IDに当てて離す作業を繰り返してください」の指示が表示されます。

Touch ID設定中のディスプレイ。

iPhoneのFace ID初期設定に近い面倒さがあるけれど、高度のセキュリティと認証精度のクオリティのためには仕方ないですね。

「外観モードの選択」

僕は目の健康のため、大抵「ダークモード」にしています。

「Macを設定中…」Mac OS X以降の初期設定をやったことがある人には、お馴染みの画面だと思う。

これで大まかな「セットアップ完了」です。

画面右上に「アップデートがあります」の表示。

「インストール」をクリックすると、最新Mac OSがインストールされますが、

Mac OSアップデートには時間がかかるので、持ち帰ってから行います。

「システム終了」(ちなみに画面下のTouch Barにも「システム終了」とあるので、こちらを押してもOKです)

ちなみに本体側面にUSB-Cポートが2つ。

反対側にも2つ。合計4ポート。

ついでにイヤホンジャックも。(Appleは、光学Disc DriveやUSB Type-Aなどをスパッと排除しておきながら、なぜこれだけは残すのか?)

受け取りとセットアップは済んだので、スタッフさんにお礼を言って、Apple新宿を後にしました。

Apple新宿から帰宅後

Screenshot

ここからは、帰宅後の簡単なまとめです。

まずApple新宿から領収書(受取確認)のメールが届いていました。

Apple Storeアプリの受取り確認も、「受け取り済み」状態になっています。

Walletアプリの表示も、「ご注文の製品はすべて受け取り済みです。」になっています。

Mac OSのアップデートもしっかり行いました。

およそ30分でMac OSアップデート完了。

Mac OS Catalina ver.10.15.5

OSインストールも、以前に比べ爆速になりました。

Siriの設定もしっかり行いました。

それではここまで読んでくださって、ありがとうございました!

またすぐ、お会いしましょう!

(Visited 183 times, 2 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう