みなさん、こんにちは!

Apple TV 4Kのレビュー記事、第2段です。

それでは早速、行ってみましょう!

動画配信サービス視聴

1 アプリダウンロード

さて、本命の動画配信サービス視聴に入りたいのですが、そのためにはアプリのダウンロードが必要です。

初期設定を終えた時点での画面上に並んでいるアプリは、意外と少ない。

Apple TV+とiTunes Movie以外のサービスは、App Storeアプリを使用して、ダウンロードします。

App Storeアプリ。

iPhoneユーザーならお馴染みのApp Storeアプリのデザイン。

このアプリを立ち上げ、欲しいアプリの名前を入力、ダウンロード。

dTVアプリを例にダウンロードしてみます。

App Storeアプリをクリック。

「トレンド」や「見つける」に見当たらない場合は、検索バーに文字を入力。

一文字ずつ入力か、Siriを使うか。(キーボードには対応していない)

「dTVアプリ」をクリック。

左下の「入手」をクリック。

ダウンロードが始まりました。

表示が「開く」に変わったら、ダウンロード完了です。

2 おすすめ動画配信アプリ

さて、動画配信は結構多くの企業が参入し始めて、最近競争が激しくなっています。

そこで個人的におすすめの動画配信アプリをご紹介します。

  1. Youtube

Youtubeの動画がApple TV 4Kを使うと、TVの大画面で見られます。

もちろんYoutube Premiumに加入していても、Youtubeアカウントが同一ならば、Apple TV 4K側もPremium状態で見られます。

月額は基本無料(Premiumは月額¥1,160)

2.Amazon Prime Video

Amazon Prime会員の特典の一つである、Prime Videoも見れます。

動画配信数も多く、Prime対象作品は月額期間中無料で視聴可能。

月額¥500

3.NETFLIX

世界最大手の動画配信サービス。月額料金を支払えば、その期間全動画が無料で視聴できます。

月額料金は3種。

1.ベーシック ¥800 標準画質(SD)

2.スタンダード ¥1,200 高画質(HD)

3.プレミアム ¥1,800 超高画質(4K)

4.hulu

アメリカ発の動画配信サービスで、日本においてはもはや老舗。

見放題動画数6万本以上。

月額¥1,026

5.Apple TV+

Appleがついに動画配信サービスに参入。

詳しい解説は次項にて。

月額¥600

他にもダウンロードできるアプリは多くあります。

Apple TV+とは?

2019年、Appleにより、Apple TV+の配信に関するアナウンスがありました。

Apple TV+ March 2019 Event. The Verge.

2019年のティム・クックCEOによる、Apple TV+やApple News+などのサービス開始発表を7分にまとめています。

The Storytellers Behind Apple TV+

こちらはApple公式のApple TV+告知動画。

クリエイターとしてスピルバーグや、ソフィア・コッポラ、ロン・ハワードなどの顔ぶれ。

Apple TV+サービス開始。Appleが大好きなんだよ。

加入の仕方など、詳しく解説しています。

日本でApple TV+の配信が始まったのは2019年11月1日。

iPhoneにもApple TV+のアプリが登場。

Mac OSのアップデートでもApple TV+のアプリが新たに登場。

Mac OS Catalinaに新しく登場したApple TV+アプリアイコンを拡大してみました。

こちらはMac OSでのApple TV+視聴画面。

契約の仕方については公式のガイドを参考にしてください。

https://www.apple.com/jp/apple-tv-plus/

それと、現在のAppleが設定している料金体系は、

  1. 1ヶ月¥600
  2. 加入後7日間のトライアル(無料お試し)期間
  3. Apple製デバイスを購入すると、1年間無料
  4. Apple Musicの学生プランには、Apple TV+のサブスク無料が付帯

3の「デバイスを購入すると〜」が、Appleが批判を浴びる理由でもあります。

また「お試し期間」が7日間は短すぎるし、なぜApple Musicの「学生プラン」のみにApple TV+が付帯するのか?

Apple TV+サービスの他社比較

ここではApple TV+と、その他Youtube,Amazon Prime Video,NETFLIX,huluなどをあらゆる面で比較してみます。

本当にApple TV+は優れた動画配信サービスなのか?

1.国内VOD(動画配信)サービス比較表

※料金体系、サービスが独特なYoutubeは除きます。

一つ一つ解説していくのは、いずれ別の記事でまとめてみたいとい思います。

こうしてみるとVODサービスの月額料金の標準は¥1,000くらいなので、Apple TV+の月額¥600は安い方ですね。

2.Amazon Prime Videoとあらゆる面で徹底比較

Amazon Prime Videoのホーム画面。

国内での標準的なVODの代表として、Amazon Prime Videoをあげて、Apple TV+といろんな角度から比較してみました。

1.料金

上にもあげたけど、

  • Apple TV+ ¥600
  • Amazon Prime Video ¥500(Prime会員として年会費を払っている場合の月額計算なら¥408)

VODのサブスク料の平均が¥1,000の中、両方とも良心的。

2.コンテンツ量

  • Apple TV+

現時点で見放題は8作品。Apple TV+は基本、オリジナル作品しか見放題ではない。

その他は料金を支払って、レンタルか購入という方式。

レンタル・購入の取扱作品数は非公開。

作品のレンタル料は購入なら¥1,528、レンタルは¥407

※キャンペーン作品によって価格は変動します。

  • Amazon Prime Video

見放題は10,000本以上。

その他はレンタルか購入。

購入 ¥1,528 レンタル ¥300 ※作品によって変動。

また見放題のPrime作品も時期によって変動します。

ちなみにHuluのコンテンツ量は50,000本以上、NETFLIXは非公開とされているけど、明らかにHuluより多いはず。

またHuluやNETFLIXには基本的にレンタルや購入は存在しない。

3.オリジナル作品

Apple TV+

ザ・モーニングショー 公式予告編 Apple TV+

出演ジェニファー・アニストン、リース・ウィザースプーン他

制作総指揮もこの二人。これだけでも視聴する価値あり。

Amazon Prime Video

UPLOAD Official Trailer Prime Video

出演アンディ・アロー、ケビン・ビグリー他

製作総指揮グレッグ・ダニエルズ。これも相当面白い

番外編 NETFLIXオリジナル

ストレンジャー・シングス 未知の世界 予告編

出演ウィノナ・ライダー、デヴィッド・ハーバー他

製作総指揮ショーン・レヴィー他

2016年の作品だけど、好評だったためシリーズ化され、現在シーズン4が公開中。

ストレンジャー・シングス 未知の世界4 ロシアより愛を込めて

2020年の現時点では、上の「ストレンジャー・シングス シーズン4」が最新。

どこのオリジナル作品も、一般公開される映画レベルのクオリティ。

ちなみにこれらオリジナル作品は、原則それを配信しているVODに加入しないと視聴できません。

とりあえずまとめ。For The Time Being Summary.

Appleの新しい動画配信サービスApple TV+を中心に今回に記事をまとめてみました。

※Quoraにあった回答より引用。

apple TV+をはじめたのですが、あまりにも作品数が少なく驚きました。50作品もないように思うのですが、これは一体どういう戦略なんでしょうか?

僕も最近Apple TV+のサービスを開始しました。

Appleデバイスを何かしら購入すると今ならApple TV+の月額料が1年間無料で利用できるというキャンペーンをやってますね。

僕が見る限り、レンタル料を払わずに無課金で見れるのは全部Apple TV+オリジナルのドラマや映画です。

立ち上がったばかりの動画配信サービスなので、オリジナル作品自体が少ないけど、今後充実してくると期待してます。

またオリジナル作品の制作に最も力を入れているので、今後数的にもAmazonやHuluを超えてくると思われます。

The Morning Show. Inside the Serries.Apple TV+

質問者さんが聞きたいのは単純に、無課金で見られる作品数ということだと思うのですが、Apple TV+はオリジナル以外は基本課金しないと視聴できないみたいですね。

比較がすごく難しいのですが、以下は僕の勝手な体感です。

  • Amazon Prime 月額料が一番安く、無課金で見られる作品数も多いので、利用者が一番多い。月額¥500
  • Apple TV+ 月額料¥600良心的価格。ただし、無課金で見られるのはオリジナルのみ。
  • Hulu 月額料¥1,026 動画配信サービスの基本的な料金。オリジナル関係なく無課金でみられる作品数も平均的。
  • NETFLIX 画質によって3種類の価格設定。ベーシック¥800,HD画質のスタンダード¥1,200,4K対応のプレミアム¥1,800。オリジナル作品も一番多く、無課金で見られる作品数も多い。

この兼ね合いの中でどれを選ぶかですね。

ピンポイントで観たい作品があるなら、その配信を扱っているサービスと契約するしかありません。

単純に一番多い作品の中から選びたいならNETFLIX。

作品数と月額料の両面で一番お得なのはAmazon Prime。

Apple TV+は始まったばかりなので今後どういうサービス展開になっていくのかわかりません。

Apple HPより。

今後も、オリジナル作品数を増やしていって、その他は課金制でもオリジナルの方で人気作品が生まれる可能性もあります。

もしかしたらAmazon Primeのようにオリジナルに力を入れつつ、無課金で見られる作品を増やしていくかもしれません。

※以上は実はQuoraでの僕自身の回答を、このブログ用に再編集しました。

またQuoraの回答より引用。

Amazon primeのレンタルと、Apple TVのレンタルでは値段がAmazonの方が少し安いですが、Appleの方にはどんなプラスの特色がありますか?

質問ありがとうございます。

Apple TV+に加入すると、オリジナルの結構クオリティの高いドラマが見られる。

Apple TV+

それ一択です。

将来的にどうなるかはわからないけど、これらのオリジナルは今のところ、Apple TV+でないと見られません。

そこに月額¥600の価値が見出せるかどうかです。

また将来的に、Amazon Primeのように無料で見られる一般作品を増やしていく方向に行くかもしれません。

Amazon Prime Video.

※実はこちらもQuoraでの、僕自身による回答。

Apple TV+は新しく始まったばかりのVODサービスなので、今後どういう展開を見せるのかわかりません。

そこが楽しみでもあります。

ただNETFLIXやAmazon Prime Videoに比べて、かなり出遅れた感はあるので、下手をすると、伸び悩んだままサービス停止という最悪の事態も考えられます。

そうならないように頑張って欲しいと思います。

それではここまで読んでくださって、ありがとうございました!

またすぐ、お会いしましょう!

(Visited 75 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう