おしゃれな店名ロゴ。

みなさん、こんにちは!

今回は、前回の続き「レストラン ル・クール」さんでのランチ食レポの続編です。

前回は、ランチプレートが運ばれてきたところまでだったので、続きを始めたいと思います。

それでは、行ってみましょう!

運ばれてきたランチプレートの写真をもう一度貼ります。

国産鶏モモ肉のソテー柚子胡椒。

ワンプレートにメイン、サラダ、スープが全部載っています。

この白くて四角いお皿がおしゃれです。

こちらはセットのポタージュスープです。

ちゃんと季節に合わせて冷製でした。冷たいスープは個人的に好きですね。

こちらはセットのサラダ。

赤カブのスライスが彩りを添えていますね。

ちなみにパンかライスが選べるのですが、僕はライスを選びました。

日本人のサガですよね。

さらに日本人のサガを。

最初はナイフとフォークしか出てこないのですが、お店の人に頼むと、割り箸を持ってきてもらえます。

サラダ、美味しかったです。

ちなみにこの時はまだ、フォークで食べてました。

フレンチのマナーというのを全然知らないのですが、とりあえず、サラダを先に完食しました。

そしてこちらがメインの鶏モモ肉です。

こちらの柚子胡椒をつけながら食べます。

こちらはメインの鳥モモ肉に添えられた、ブロッコリー、焼きかぼちゃ、ポテトサラダ、生ハム。

単なる添え物ではなく、一つ一つ美味しかった。

ここで、スープも完食しました。

こちらは鳥モモ肉をナイフで切った時の断面です。

この断面に柚子胡椒をつけて食べます。

美味しさ伝わるでしょうか?

素直に「美味しい」と書けばいいんですよね。

添えものが、もう一つ。マッシュポテトです。

これと、先ほどの生ハムが特に美味しかった。

完食しました!

さすが、本格フレンチ。とても美味しかったです!

店員さんが食器を片付け終わって、食後のドリンクが運ばれてきました。

100%グレープフルーツジュースです。

涼しい季節だったら、紅茶が飲みたかった。

ごちそうさまでした!

店内はこじんまりしてるけど、Sakurane.さんよりは広いし、店内の雰囲気、偶然お客さんが少ないのもあって、ゆったりできました。

会計を済ませたとき、レシートをもらいました。

野暮かもしれないけど、載せておきます。

合計¥1,200です。個人経営のお店なので、消費税はかかりません。

※申し訳ありません。レシートをよく見ると、内税¥89と書いてありました。しっかり消費税かかっていたんですね。

まとめ。Summary.

僕が子供の頃は、観音駅付近の大通りは、銚子駅前と同じくらいの賑やかな繁華街でした。

いまは人通りも少なく、見るべきものと言ったら、銚子飯沼観音で今はやりの御朱印をいただくくらいかな?

ル・クールさんが開業した時は、観音界隈はもう寂れていたので、隠れ家的な立地を選んだのかも?

特に田舎の人間にとって、フレンチは値段が高くて敷居も高いというイメージです。

でもランチだけを見ると非常に良心的なので、これからも頑張って欲しいですね。

僕も客として、応援していきたいと思います。

とりあえず今度、高いけどディナーのコースも食べてみたいし、安いロールキャベツも食べてみたい。

それではここまで読んでくださって、ありがとうございました!

またすぐに、お会いしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう