地元食べRetty!地元のおすすめ・名物カフェ&レストランご紹介第15弾!「グルマン亭ながい」さん!15-①.

みなさん、こんにちは!

今回は地元食べRetty企画の第15弾です。

今回ご紹介するのは「グルマン亭ながい」さんです。

グルメアプリ”Retty.”の投稿を見ると以前訪れたのが2019年2月でした。

しかもこの時は確か午前9時の開店時間で当然ランチはやっておらず、アイスティーを頂いただけでした。

Retty投稿の転載の仕方が分からないので、スクショです。
フォルダにあった当時のアイスティーの写真。

今回はランチを食べに久々に訪問です。およそ10ヶ月ぶり。

「グルマン亭ながい」さん。

最寄駅は銚子電鉄観音駅です。

それでは、行ってみましょう!

「グルマン亭ながい」へ行こう!

こちらがお店の看板です。

お店がある観音駅界隈を少しご紹介します。

「福屋」さん。銚子名物のぬれ煎餅を販売しています。

Google Mapのクチコミによると、福屋さんのぬれ煎餅が一番美味しいらしいです。

以前ご紹介した「レストラン ル・クール」さんのすぐ近くです。

「又兵衛本店」さん。この辺りで最も有名な飲食店。

焼き鳥メインの居酒屋さんで、とにかく安い。

もちろんランチも人気で昼飲みもできます。テイクアウトも。

「グルマン亭ながい」さんの外観。

近くの「ル・クール」さんと違って、完全に民家ですね。

他のお店と違って「本日のランチメニュー」などの掲示がない。

きっと常連さんがメインの顧客層なんだと思います。

玄関先の舗道です。

植え込みに隠れた大きな窓にはカップ類が多数並んでいます。

入り口ドアには「営業中」のプレートが。

Menu.メニュー。

店内の雰囲気は昔ながらの喫茶店です。

このチェック柄のテーブルクロスが懐かしい。

ランチメニューは2枚。

こちらはフレンチメニュー。

牛フィレカツが¥1,430(税込)

こちらは和風メニュー。

かき、帆立、フレンチの方にもあるふぐなど、素材が本格フレンチ。

ふぐが¥1,000代とか、衝撃のプライス!

こちらは珈琲・デザートメニュー。

高級食材を扱いながら、本来は喫茶店です。

ついでにこのメニューの作成はパソコンではなく、昔懐かしいワープロなんじゃないかと。

Order.注文。

まずお箸と使い捨ておしぼりが出てきます。

今回はフレンチメニューの「活ふぐのポワレ」¥1,100(税込)を注文しました。

ライスを選びました。

フレンチメニューには書いてなかったけど、和風メニューと同様にちゃんとお味噌汁も付きます。

前菜としてトースト乗せのピザが出てきました。

嬉しいサービス。

ドリンクは焙煎コーヒーを頼みました。

コーヒーの奥の方が雑然としているのは、目を瞑ってください。

とりあえずまとめ 。For The Time Being Summary.

詳細な食レポは次回のブログで。

建物が地味なので、実際のお店の場所に行っても気づかない人もいるみたいです。

外観にしろ内装にしろ、昭和の頃の喫茶店という感じだし、実際老舗の喫茶店だけど、ランチメニューで扱われている食材が結構高級で、しかもこの値段というコスパの良さです。

何よりもこの値段でふぐのフライなどが食べられるので、嬉しい限りです。

でもそれ以上におすすめしたいのは、やはり落ち着いたお店の雰囲気ですね。

やはり定食屋というより、喫茶店です。

お店の外観、内装だけでなく調度品全てにおいて庶民的なこの昭和テイスト。

それではここまで読んでくださって、ありがとうございました!

またすぐ、お会いしましょう!

(Visited 7 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です