なぜか記憶に残るイラスト。

みなさん、こんにちは。

前回の続きです。Machoさんでの食レポの続編です。

店内の装飾は個性的でユニークでしかもおしゃれですが、テナントが入っている建物自体が、無機質すぎるので、ランチののぼりや”Macho.”の旗がなかったら気づかない感じなので、写真は撮りませんした。

それでは、行ってみましょう!

コロナビール。

まずはコロナビールで乾杯。

個人的にはハイネケンやバドワイザー、Asahiのドライよりも好きです。

瓶の口に添えられたライムスライスがコロナビールの象徴。

このライムを直接瓶の中に絞ります。(普通は絞らないで瓶の中に丸ごと落とすらしいです。)

ただし、飲むときは邪魔なので紙ナプキンの上に置くしかなかった。

ライムを置くための小皿があれば最高でした。

キーマカレーと鳥もも肉のコンフィ丼。

こちらはランチスープ。

和風の木製のお椀に入ってるけど、今流行のフォーみたいな味と見た目。

Machoさんは全体的にエスニック料理主体ですね。

バルだから、当たり前か。

こちらがメインのキーマカレーと鳥もも肉のコンフィ丼。

「丼」と言ってるけど、完全なワンプレートランチですね。

キーマカレーと同じプレートに添えられたサラダは香味野菜が主体。

ドレッシングはフレンチかシーザーか?

こちらはエスニック風漬物。ナンプラーというのだろうか?

色合い的にキーマカレーに同化していて一見気づかないけど、こちらが鳥もも肉のコンフィ。

Let’s Eat!(実食!)

フォーク、ナイフなどの食器類が木製の箱に入っているのが珍しい。他店だったら大抵、籐性のバスケット。

ちゃんとお箸も入ってます。

スープは飲んでみて思いました。味が以前飲んだフォーみたい。

でも本来のフォーとは違うのかな?

続いて白菜のナンプラー。

もやしの炒め物も。味付けは完全にエスニックです。

キーマカレーをいただきました。

以前のレストランSakurane.さんで食べたキーマカレーと違い、ひき肉などの具が入ってゴロゴロした食感。

Sakurane.さんのは、無駄な具材を極力こしたシンプルなキーマカレーだったので食感がさらっとしてました。

どちらが本場のキーマカレーに近いのだろうか?

でも両方美味しかった。

さて、メインの鳥もも肉のコンフィ。鳥もも肉にかかっている黄色いソースはなんだろう?見た目はマスタードっぽいけど、全然辛くなかった。

鳥もも肉がすごく柔らかくて、簡単にほぐれます。

柔らかすぎるので、途中からお箸を使って食べました。

スーパーで売ってる鳥もも肉とは明らかに違います。

あっという間に鳥もも肉は骨だけになりました。

そして、キーマカレーも完食です。

スープも完食。

ごちそうさまでした!

ランチメニューの場合、+¥50で食後のソフトドリンクも。

グレープフルーツジュースを飲みました。

色合いがすごくきれい。

まとめ。Summary.

前回の記事に書いた通り、Machoさんは現在、ランチ営業はしてません。

希望としては、値段が少し高くなってもいいので、またランチを再開して欲しいですね。

法外な値段でない限り、このクオリティならリピーターになりたいです。

でも、最後にMachoさんのランチを食べられたことが幸運だったのかもしれません。

前編の記事にのせた、合鴨のローストのような贅沢なコースは「深夜食堂」でも食べられるのだろうか?食べられるとしても、値段が高くなっているだろうな。

それではここまで読んでくださって、ありがとうございました!

またすぐ、お会いしましょう!

(Visited 3 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう