みなさん、こんにちは。

前回ご紹介した、「茂利戸家」さんでの食レポ、続編です。

うなぎの蒲焼きって、問答無用で美味しいと思うのですが、残念ながら、世の中には苦手という人がいるのも事実です。

それも魚介系が体質的に無理というのではなく、あの味(つまり独特のタレ)が苦手という人がいます。

前回ちょっとだけ触れた、「白焼き丼」はタレをつけずわさびで食べるそうなので、食わず嫌いの人も食べられるかもしれませんね。

僕も白焼き丼を実食したわけではないので無責任におすすめはできませんが、容易に味が想像できます。

今度来店するときは、ぜひ「白焼き丼」を食べてみたいですね。

茂利戸家。

「うな丼」

今回僕が注文した「うな丼」の写真をもう一度。

「うな丼」¥2,200

ビールのグラスのフォルムがきれい。

ビールの泡もきれいでした。

本日はサービスで、うなぎの蒲焼きが二切れ入っています。

汁物はお味噌汁じゃなくてお吸い物です。

後で知ったのですが、お吸い物はほんの少し値段をプラスで、「肝吸い」がいただけるそうです。

次行くときは、絶対肝吸いを注文します。

セットのお漬物。

こちらはわかめの白味噌和えかな?

デザートもついてます。

一見、コーヒーゼリーに見えますが、茂利戸家さん名物の「玄米茶ゼリー」です。

Let’s Eat!(実食!)

うなぎにマストでつきものの実山椒です。

まずはお漬物から。

なぜかプチトマトも入っています。

特に大好物というわけでもないけど、プチトマトのドアップ。

わかめの白味噌和えも美味しかった。

やっぱり、僕は海産物が好きみたいです。

そして、メインのうなぎの蒲焼きを。

お箸でつまんだ時のこの柔らかさ。

つまんだ感触が「フワッ」としてます。

ここで先ほどの実山椒を。

これくらいの量がちょうどいい。

お吸い物と交互に食べると美味しさ倍増。

相乗効果ってやつですね。

うなぎの美味しさを表現したいので、もう一枚。

対象によりすぎて、ちょっとピンボケ。

完食しました。

お吸い物も完食です。

ごちそうさまでした。

デザート。(玄米茶ゼリー。)

店員のおばさんが「玄米茶ゼリー」ですと教えてくれたけど、実際、どんな味なのか?

木製のスプーンで食べます。

お洒落なあんみつとかを置いてそうな和風カフェみたい。

特に癖みたいなのがなく食べやすかったです。

悪く言えば特徴もなくこれといった印象も残りませんでした。

最初の期待値が高すぎたかもしれません。

食べやすいので、すぐ完食しました。

最後にきれいに食べた御膳を記念写真です。

シメはお茶です。

こちらは普通のほうじ茶。

まとめ。Summary.

とにかく僕の調査不足でメニューを見た時の値段の高さにビビってしまいました。

今度来店するときは奮発して絶対うな重を食べたいと思います。

タレの代わりにワサビをつけるという「白焼き丼」も食べてみたいですね。

それではここまで読んでくださって、ありがとうございました!

またすぐ、お会いしましょう!

(Visited 13 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう