みなさん、こんにちは!

前回の続き、「カフェ・ア・プリュス」さんの食レポ後編です。

紅茶好き、スイーツ好きとしては見逃せないメニューが多いので今後も来店することになりそうです。

「カフェ・ア・プリュス」”Cafe A Plus.”さん。

この辺りは多くの個人経営カフェが見当たりますが、Google Mapのクチコミを見る限りハズレの店も多いみたいです。

喫茶店経営は難しいみたいですね。

それでは、行ってみましょう!

「配膳」Serving.

「カフェ・ア・プリュス」のランチメニューは以下の通り。

ハンバーグ、ハヤシリゾット、グリルチキン、カレーの4種類。

まず最初にお冷やがでます。

普通のお水ではなく、オレンジを漬けたお水です。

うっすらオレンジの味がします。

食前のアイスカフェラテ。

この彩りのキレイさがいいですね。

こちらはセットのサラダ。

同時に配膳されたカトラリー。

メインの「手捏ねハンバーグ」和風おろしソース。

デザートの「和三盆ロール」

こちらが今回の本命「マリアージュフレールのアールグレイインペリアル」

Let’s Eat!実食!

それでは、いただきます!

まずはアイスカフェラテ。

このかっこいいガラスのガムシロップ入れも健在。

iPhoneで撮影しながらガムシロップを注ぎます。

かき混ぜていただきます。

最近いろんなお店でよくアイスカフェラテを注文するようになりました。

やっぱり美味しいし、彩りがきれい。

続いてサラダをいただきます。

カトラリーにお箸がなかったので、お店の人に言うと……

ちゃんとお箸を持ってきてくれます。

でも、最初に入ってないってことは、本来お箸を使うのはダメってことかも?

香草系ではなく、昔ながらのキャベツの千切りのサラダです。

トマトが美味しい。

ごちそうさまでした。

そしてメインの「手捏ねハンバーグの和風おろしソース」

しその葉が載ったハンバーグ。

こちらは山盛りライス。

サイドの焼き野菜。

こちらはソースではなくハンバーグの肉汁。

しその葉をめくると手捏ね感満載のまん丸いハンバーグです。

和風おろしがたっぷり。

正直、暖かければもっと美味しかったと思います。

来客が多くなるのを見越して作り置きしていたのだろうか?

それでいて予想がはずれ、通常通りの客足だったわけだろうか?

焼き野菜はカボチャから。

嫌いなものから先に食べる。

続いてニンジン。

続いてブロッコリー。

正直、ハンバーグが期待値を超えてなかったので、こういうところをお伝えするしかない。

おすすめの食べ方。

ハンバーグに乗っていたしその葉にハンバーグとエリンギを一緒に巻いて食べます。これ結構美味しい。

ごちそうさまでした。

“Cake and Tea After Meal.”「食後のデザートと紅茶」

ランチの手捏ねハンバーグに文句を言ってしまいましたが、本日の本命はこっちです。

「マリアージュフレールのアールグレイインペリアル」と

「和三盆ロール」

この白い陶器のミルク入れ、カワイイ。

砂糖容器も各店で特色がありますね。

このお店では白砂糖が大きな瓶に入っています。

砂糖を入れて……

ミルクを入れて……

かき混ぜます。

美味しいミルクティーの出来上がり。

紅茶が出された時点で香りから違ったので、もうそれだけで満足でした。

一見すると普通のロールケーキだけど、

食べてみて初めてわかる、和三盆の風味豊かな甘み。

トッピングされている砂糖菓子も美味しい。

食べ終わるのもったいない。

紅茶もあと少し。

食べ終わりました。

ごちそうさまでした。

紅茶も美味しかった!

ごちそうさまでした!

まとめ。Summary.

3度目の来店だけど、手作り感覚の癒される雰囲気の店内と店員さんの接客の良さは何度でもリピートしたくなります。

個人での喫茶店経営は相当難しいみたいなので、今後も頑張ってほしいですね。

喫茶店の魅力は美味しい飲食と並行して、のんびりくつろいで読書等が捗る空間と時間提供です。

要するにリラックスできればいい。

それではここまで読んでくださって、ありがとうございました!

またすぐ、お会いしましょう!

(Visited 14 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう