みなさん、こんにちは。

今回は、ファミレス食べ比べ企画第6弾です。表題にあるファミレス5社そして「ジョイフル」は全て紹介し終わるけど、この食べくらべ企画は今後も続けていこうと思います。

さて、今回はサイゼリヤさんにお邪魔しました。以前、グルメアプリ”Retty”に投稿した他のファミレスの口コミで、「サイゼリヤは高校生の溜まり場以上の価値はない」みたいな酷いことを書いてしまったけど、その後、面白い記事を発見しました。同じ”Retty”に寄せられた本物のグルメの方によるサイゼリヤ紹介です。

https://retty.me/area/PRE13/ARE10/SUB1001/100000082787/30843286/

この記事を読んで、さらに次の二つの投稿にたどり着きました。

https://retty.me/area/PRE13/ARE10/SUB1001/100000082787/31487793/

https://retty.me/area/PRE13/ARE10/SUB1001/100000082787/31487782/

グルメアプリ”Retty”より。

要するにサイゼリヤは、「ちょい飲み」がオススメ。そして、「ちょい足し」をすると、さらに楽しめるというもの。

「ちょい飲み」とは、ファミレスなどで、休みの日にお昼や朝から、居酒屋感覚でちょこっと飲むことです。特にサイゼリヤさんでのちょい飲みは、「サイゼ飲み」と言うらしいです。

さらに「ちょい足し」とは、すでにある料理の一品に調味料などを加えることで、さらに美味しくアレンジすることです。

「ちょい飲み」、「ちょい足し」を楽しめるようになれば、まさに「グルメ上級者」といった感じですよね。

この記事を読んで、俄然興味が湧いてサイゼリヤさんに行ってきました!

6 サイゼリヤ”Saizeriya”

サイゼリヤさんの理念は、「スパゲティをラーメンと同じ価格で提供する」というものだそう。

この理念は少し言葉が足りないような気がします。「イタリアンをあくまでも本場のクオリティのまま、ラーメーンと同じ価格で」ってことでしょうね。

このスローガンのままでは、「安かろう、悪かろう」のイメージを持ってしまう人もいると思います。実際僕がそうでした。

とにかくサイゼさんの他のファミレスよりもさらに安く、それでいて味も本家イタリアン並みと言う安定の秘密は、食材の調達、加工、物流、販売まで一連の工程をできるだけ自社で行うようにして、中間コストを極力省いているためです。

ものすごい企業努力の賜物なんですね!失礼なことを言って申し訳ありませんでした。

さて、近所のサイゼリヤに来店してみると、夏休み中だし、終戦記念日なので、店内は混んでました。でも、店員さんの対応は早かった。店内に入るとすぐに席に案内してもらえました。

ランチの時間帯だったけど、ピーク時は過ぎているのに、僕の食事中にもさらにお客が入ってきて、どんどん混んできました。

これから「ちょい飲み」をするのに、ビールはやめておこうと思ったけれど、真夏の猛暑日だったので、ノンアルビールを頼んでしまいました。

SUNTORYのALL FREEです。¥259です。

「サイゼ飲み」と言えばワインなので、ビールはやめようと思ったのです。

僕はお酒は好きだけど、強くはない。そしてワインはアルコール度数が高いのです。

コップは他店でもあまり見ないプラスティック容器。

こういうところにもコスパ重視の努力が見えるけど、個人的にはプラスティック容器は残念。一気に安物感が高まってしまう。

そしてこのコップは、やたらと軽い!この軽さもチープ感を助長してしまう。

こちらは前菜として頼んだ、「フレッシュチーズとトマトのサラダ」

チーズとトマトって、いかにもなイタリアン。チーズの方は水牛のミルク100%だそうです。

サイゼはコスパの良さも重要なので、今回は一品ずつ、値段を書いていきます。(全て税込価格。)

これで、¥299。ただし、写真じゃ伝わらないけど、料理も器もやはり小さめです。仕方ないけどね。

まさに居酒屋のおつまみ一品と言った感じのコンパクトさです。

ちなみにこのサラダは、Wサイズというのもあって、こちらは数人でシェアして食べる用みたい。Wサイズは、¥598です。

ここで「ちょい足し」の技術を使ってみました。

サラダはそれだけで十分美味しいんだけど、ここにオリーブオイルを足します。

オリーブオイルは店員さんに言えば無料で持ってきてくれます。しかも自社製のオリーブオイルだそうです。

写真じゃよくわからないけど、オリーブオイルをサラダにかけてみました。

特に僕の舌は肥えているわけでもないけど、味が違うのがわかりました。

「ジョジョの奇妙な冒険」のこのシーンを思い出してしまった。

“Retty”の記事には「注文時にドレッシング抜きで」とあるけど、確かにチーズはオリーブだけでいいかもしれないけど、トマトなどの野菜類にはないとダメなんじゃ?と思ってしまった。

野菜には塩をかけてもいいけど、僕は断然ドレッシングですね。

それと、このサラダ(特にチーズ)を食べていると、やはりワインが飲みたくなります。

このサラダは、ビールのおつまみとしては勿体無い。

そこでデカンタワインを注文しました。

250ml.¥200。

僕は白を選びました。味とかではなく、完全に涼しげな見た目です。

こちらも値段のイメージをいい意味で裏切りました。思ったより大きい!多分、グラス3杯分はありますね。

メニューの写真ではわからなかったけど、結構な量です。僕はアルコール強目は苦手なので、もう少し小さいグラスワインでもよかったんじゃないかと思います。

ここで「ちょい足し」です。

また伝わらない写真で申し訳ないけど、白ワインにドリンクバーの炭酸水を入れて割ります。

ちなみに、セットドリンクバーは、¥190で、他のファミレスよりも安い。

確かにすごく美味しく、そして飲みやすくなる。アルコール強いのは苦手と言ったけど、これなら残さず飲めそう。

スパークリングワインってことなのかな?

さてメインです。「イカの墨スパゲッティ」¥499です。

これがこの値段とは。

「価格破壊」っていうと、チープなイメージだけど、最近はいろんな業界が品質良く、コスパ良くを実現してます。

サイゼリヤもその一つ。

今までは、余計なものを足して、高い値段のものを提供されていたんじゃないかと疑問に思いました。

でも「ちょい飲み」のつもりだったら、もっと値段が安く、シンプルなスパゲッティもあります。その方がお酒も味わいやすそう。

さっき言ったばかりなのに早速余計なものを足してみます。「ちょい足し」です。

スパゲッティにオリーブオイルを足してみました。

また伝わらない写真ですが、オリーブオイルを足した状態です。

予想以上に美味しくなります。オリーブオイルって本当に万能なんですね。

というわけで、本日はここまで。

サイゼリヤさんでは、まだ少し注文してました。

この記事は、まだ続きます。続編は次回。

それではここまで読んでくださって、ありがとうございました!

またすぐ、お会いしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう