みなさん、こんにちは!

今回は「ダブル・ファンタジー展」体験レポート第4弾です。

以上は「ダブル・ファンタジー展」体験レポートの❶〜❸までの過去記事です。

ここで少し前回の記事で紹介した写真を一部、振り返ってみます。

「ベッド・ピース」で「Give Peace A Chance」のレコーディング時に実際に使用されたジョンのギブソンJ-160Eアコースティックギター。

ジョンのアメリカ軍シャツ。

「心の壁、愛の橋」Walls and Bridges (ジョン・レノン 1974年)

今回は「ダブル・ファンタジー展」のここから先を見ていこうと思います。

それでは、行ってみましょう!

ジョンのハウスハズバンド専念からアルバム「ダブル・ファンタジー」発表まで 1975~1980

Elton John and John Lennon Live at Madison Square Gardens in 1974

前回の記事でも紹介しましたが、ジョンは1974年のエルトン・ジョンのライブに飛び入り参加し、ライブを見に来ていたヨーコと関係修復します。

「僕たちは復縁し、これこそ自分たちが生きるべき道だと、つまり子供を作ることが何より大事で、それ以外は二の次だって決めたんだ」ーPlayboy誌1980年ジョン・レノン

ジョンと息子ショーン・レノンの肖像画。

「ショーンの抱っこ紐」

1975年10月9日、ジョンの誕生日と同じ日にショーンが生まれる。ジョンはショーンの誕生をきっかけに音楽活動を休止し当時としては非常に珍しい「主夫」(ハウス・ハズバンド)としてショーンの子育てに専念する。

ジョン、ヨーコ、ショーン 1979年 軽井沢にて

度々訪れていたという軽井沢での和やかな家族写真。

そして上の軽井沢の写真で、ジョンとヨーコが実際に着用していた服。

ハウス・ハズバンドをしながらも、作曲は続けていました。

Syrdonix「サードニクス」製のギター

ジョンが「ダブル・ファンタジー」のレコーディングに使用したギター。

ニューヨークのギターショップで働いていたジョン・レヴィンの手製で、全部で約20本しか作られていない。

「普通のギターと違ってボディがないんだ。アームとこのトボガン(そりの一種)みたいな2本の管でできている」ー1980年Rolling Stone誌 ジョン・レノン

「ダブル・ファンタジー」ジャケット表面
「ダブル・ファンタジー」ジャケット裏面

1980年 5年ぶりにスタジオアルバム「ダブル・ファンタジー」発表。

アルバムジャケットは日本人写真家篠山紀信が撮影。

(Just Like)Starting Over.(Ultimate Mix 2020)John Lennon

※このアルバム発表後にジョンは暗殺されるが、この「ダブル・ファンタジー展」ではその点について一切触れられていない。

イマジン・シアター IMAGINE THEATER

ここからは「イマジン・シアター」と題されたコーナー。

「映像シアター」の立て札の矢印の先には階段があり、

階段の上に登ると、目の前に大きな映写スクリーンがあり、「イマジン」のPVを大画面で鑑賞。

IMAGINE.John Lennon Plastic Ono Band

動画の撮影はNGなので、Youtubeから。

https://ja.wikipedia.org/wiki/イマジン_(ジョン・レノンの曲)


1985年10月9日、ニューヨークのセントラル・パーク内に、ジョンを偲ぶ記念エリア「ストロベリー・フィールズ」が“平和の庭(Garden of Peace)”として正式に誕生した。

展覧会の最後は、そのストロベリー・フィールズの中心にある「IMAGINE」の円形モザイクを再現。

Strawberry Fields Forever.The Beatles

ビートルズ時代の曲「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」

「ヨーコのポルシェのサングラス」

1980年代初頭にヨーコが愛用していたポルシェのサングラス。

これをかけて写真に収まることが多かったため、「オノ・ヨーコのサングラス」として知られるようになった。

ヨーコがジョンの血まみれの眼鏡を撮影する姿を捉えた写真 ※下段の写真

ヨーコの『Season of Glass(シーズン・オブ・グラス)』(1981年)のアートワークや銃規制のキャンペーンでも使われている、ジョンが凶弾に倒れた時にかけていた血まみれとなった眼鏡を自宅で撮影しているヨーコの姿を捉えた写真。

展覧会はここまでです。

ミュージアム・ショップ&エントランス

ここからは、ミュージアム・ショップのエリアになります。

「ダブル・ファンタジー展」公式カタログ 500ページ超 ¥5,000

クリアファイル

ポーチバッグ

エコバッグ

Tシャツとトレーナー

マグカップ

クッション

「ジョン&ヨーコ特別インタビュー(東京編)1971/01/25帝国ホテルにて アナログ10inch ¥3,000

トートバッグ

ミュージアム・ショップレジカウンター

※現在はオンラインショップも終了しています。

ミュージアム・ショップの次は「IMAGINE PEACE」と題されたスペース。

スペースの真ん中に短冊をぶら下げた木があります。

こちらのテーブルに用意された短冊に、

メッセージや願い事を書いて、

木の枝にぶら下げます。

「IMAGINE PEACE」を出ると、足元にPHOTO SPOT「YOU ARE HERE」とあり、足形があります。

この足形に立つと目の前には、

壁に特大ポートレートと「REMEMBER LOVE」のメッセージ。

このポートレートの隣で記念写真を撮る人がたくさんいました。

以上で「ダブル・ファンタジー展」は終了です。

それではここまで読んでくださって、ありがとうございました!

またすぐ、お会いしましょう!

(Visited 51 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう