前回まではネット上のクチコミのメリット、デメリット合わせてうまく情報として活用することを推奨しました。

今回はその完結編として、さらにクチコミを情報として活用する場をいくつかご紹介します。

そしてクチコミの最悪な一面についても触れてみたいと思います。

Youtubeのコメント欄について。

Google mapのコメント欄が知られていなくても、Youtubeの動画欄の下にコメント欄があることは、結構知られていると思います。

ニコニコ動画を利用したことがあるなら、動画を再生した時に、画面の上を流れるライブのコメントを体験したこともあると思います。

Youtubeの場合は、画面の下にコメント欄を設けることによって、肝心の動画が見づらくなることはありません。

これらYoutubeに寄せられたコメントはたいてい、その動画に関する感想ですが、中には有益な情報が含まれていたりします。

例えば好きなミュージシャンの曲のPVやLive動画などには、その人が知っているその曲の作られた背景や、Liveにちなんで、そのLive動画とは違う時期でもそのミュージシャンのLiveを見に行った時の思い出など、個人的な情報が時たま見かけられます。

Google mapやYoutubeといい、Googleさんはクチコミ機能に力を入れているのでしょうか?

こうした個人的なクチコミ機能をさらに進化させたアプリがSNSです。

SNSにおけるクチコミ(情報)のやりとり。

知らない世界中の人たちと繋がり、情報交換や会話に近いものをやり取りできるアプリがSNSと呼ばれるものです。

Facebookやtwitterが有名ですね。

しかし、情報交換という部分に焦点を当ててみると、好きなお店や好きな商品を供給する企業、または芸能人とまで繋がって、それらの新しい情報を得られます。

新商品やお店のお休みのスケジュール、芸能人の活動予告や報告など、順次有益な情報が入ってきます。

SNSを大きな意味でのクチコミと考えると、これらの大量の情報を得られるのは、まさにクチコミの最大のメリットですね。

しかし、クチコミには皆さんもよく知る最大最悪のデメリットがあります。

それがネットいじめ、炎上などです。

ネットいじめ、炎上などが最も起こりやすい場所。

残念ながらクチコミのあるところ必ず誹謗中傷があります。

Youtubeのコメント欄でさえ、削除可能とはいえ口論の交わされた痕跡が残っていたりします。

また厄介なのは、明らかに支離滅裂なことをコメントして、何を主張したいのかがわからないまま、攻撃的な言葉をけしかけてくる信じられない人が一定数実在します。

twitterは、言いたい放題なので、もう定期的にどこかで炎上しています。

その点、Facebookは基本実名で投稿するルールなので、それが幸いな方向に働いて、twitterほど頻繁に炎上はない印象です。

そして日本のネット文化5ちゃんねるですね。以前は2ちゃんねると呼ばれていました。

この5ちゃんねるがいい面、悪い面含めて、日本のネット文化を象徴しているような気がします。

この問題は、管理人が5ちゃんねるから引っ張ってきて掲載するまとめサイトが乱立するようになり、いまだに大きな影響力があります。

5ちゃんねるはある共通のテーマについて情報交換したり、会話するので、そのテーマに興味のある人たちが集まる、いわば閉じた世界です。

閉じていればいるほど、炎上やネットいじめが起きやすいような気がします。割と万人にオープンなFacebookやGoogle mapと比較すればわかりますね。

まとめ。Summary.(誰彼構わず攻撃してしまう時代)

現代は、クチコミの罪の部分、というかネット文化の拡張により、顔が見えないのを良いことに、誰彼構わず攻撃できてしまう時代だと言えるかもしれません。

ブログ運営会社やGoogleなどのクチコミ機能を提供する企業は、投稿されたクチコミを検閲したり、特定のアカウントをブロックできるようにしたりと、時が進むにつれて、悪質なクチコミの監視管理を強化して行く傾向があります。

それでも、おそらくネットいじめや炎上はなくならないでしょう。

人間の本質に関わってくる問題ですからね。

ネットのクチコミはある程度の本音を語り合う場ですが、それを勘違いして愚痴や不平不満をぶちまける場だと思っている人を少し減らして行くだけの効果しか期待できないというのが、僕の本音です。

またグルメアプリで飲食店を探すにしろ、企業や芸能人、個人から新しいサービスや情報を得るにしろ、それが自分にとって本当に有益かどうかは、結局自分で実際に利用してみて自分で判断するのが一番という結論になりますね。

それでは、今回の記事を締めたいと思います。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

またお会いしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう